私とは何か、考えたことがありますか?

日本語日本文学科4年のえみり、情報メディア学科3年のずーちゃん、
日本語文化学科2年のななお、英語文化学科1年のなおです!!


奈良女子大学発達心理学の教授、麻生武先生による「私とは何か?自己の誕生の秘密」の公開講座を受講しました。


私の謎に関わる3つのテーマ
  • 自伝的記憶
  • 自称詞
  • 言葉としての身体
を軸に話をされていました。

特に印象に残ったのは、幼児健忘症の話です。
幼児健忘症というのは、幼い頃の記憶を忘れてしまうことです。
あなたの一番幼い時の記憶は何ですか?
人によってその記憶の年齢は異なります。
その要因として
  • 文化差
  • 個人差
  • 年齢差
があります。

日本人は過去を大切にする傾向があるため、一番幼い時の記憶が古く、
一方、インド人は過去には意味がないと考える傾向があるため、一番幼い時の記憶が新しいそうです。

私たちの中では「過去があってこそ今がある」という意見が多く、実際に一番幼い時の記憶が古い日本人型だったので、
実際に文化差が自分自身にも表れているのだと感じました。

受講されていた男性は「いくつになっても私が何か分からない」とおっしゃっていました。

普段考える機会のないテーマだからこそ今回深く考えるきっかけになりました。


私とは何か.JPG


カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動][第58回文化祭(2013年)]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.