<8つの世界>へ引き込まれました!

こんにちは。文学部日本語日本文学科4年生のかほると、文学部英語文化学科3年生のあおいのんで

生活環境学科さんと生活造形学科さんのファッションショーの取材に行ってきました。

会場はほぼ満員でとても盛り上がっていました(^○^)

今回のテーマは『LOOK BOOK』で「Love story」,「Horrer mystery」,「Fantasy」,「Business」,

「Art」,「Technology」,「History」,「Fairytale」の<8つの世界>のテーマにあった衣装と音楽で

演出してくれました。

テーマごとにポーズや歩き方、表情など工夫されており、それぞれ<8つの世界>に私たちも一気に

引き込まれました!特に迫力のある音楽と照明がショーをより際立たせ、終始鳥肌が

止まりませんでした・・・(゜o゜)!!

 

かほる:私が特に好きだったのは"Business"です!

モノトーンのスーツというシンプルな衣装で、さっそうと歩く姿がクールで見とれてしまいました。

他のモードのような、華やかなフリルやスカートがなくても、大胆に歩き、止まるところは止まる、という

シンプルかつ堂々とした動作が衣装をより際立たせ、迫力があったと思います!!

DSCN0177.JPG

一番好きな瞬間は、横一列に並んで傘を持って立っているこのシーンです。

曲の一番の盛り上がりと、バックに伸びるシルエットが合わさって、息をのむ光景でした。

 あおいのん:私が一番好きだったのは「Fairytale」です。淡いカラーで統一されたミニドレス、ふわふわのスカートは

本当に妖精のようでとてもかわいらしかったです。今回全体的にクールでダークな印象のモードが

多かったので、最後のこの「Fairytale」がとても引き立ち、印象に強く残りました!DSCN0255.JPG

ファッションショーが終わったあと、観客に感想を聞いてみました。

女性ファッションの舞台ながらも、男性の観客は多く、ファッションセンスの高い人たちばかりで

とても驚きました。そのうち大学生男子3人組にお話を聞くと、彼女が「Art」のテーマで出演しているので

見に来られたとのことでした。「彼女が一番可愛いかった♡」と満面の笑みで帰られました。

毎年このファッションショーを見に来ているという武庫女3年生の女の子は、「今年はいつもと雰囲気の違った

ショーだった。毎年ふわふわ可愛いテーマだが、今年はかっちりしたものが多く、新鮮でわくわくした」

とのことでした。全体的な講評としては、やはり女の子らしい「Love story」や「Fairytale」が人気でした!

皆さん、本格的なショーに「とても驚いた、行ってよかった!」と大満足の様子でした。

舞台の中央に一人でポーズを決めたり、28人が舞台いっぱいに広がってBGMにのって衣装を披露する姿に

みとれて、一瞬も目が離せませんでした。毎年、衣装は自分たちの手作りなのだそうですが、

今回は合計185名分の衣裳を制作されたということで、すべての衣裳のクオイティの高さに

感動を覚えました。

生活環境学科と生活造形学科の皆さん、お疲れ様でした!

 

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動][第59回文化祭(2014年)]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.