つながるバトン~2014年度卒業証書・学位記授与式~

320日午前の卒業式(文学部、健康・スポーツ科学部)を、日本語日本文学科3年 たかさんと、同学科2年あっこが取材に行ってきました!

天気と気温に恵まれ、まるで卒業生の旅立ちを祝うようでした。

 

学長先生をはじめ様々な方のお話がありましたが、在学生代表、大島美佳さん(心理・社会福祉学科3年)の送辞が印象的でした。

IMG_2567.JPG

「時には壁にぶつかり、自分はいったい何のために存在しているのか、社会で果たす役割は何なのか、分からなくなるときがくるかもしれません。しかし、私たちは微力ですが、決して無力ではありません。共に学んだ仲間や新しい仲間と問題に立ち向かってほしいです」と、先輩方にメッセージを送りました。

また、「『強い意志を持って、考える力を養ってほしい』という気持ちのこもった一本のバトンを先輩方から受け継ぎ、私たちがつないでいきます」とも語られました。

 

 

答辞は、平間翔子さん(日本語日本文学科4年)。

IMG_2601.JPG

「人との出会い、つながりを大切に、何事にも積極的に取り組み、悔いのない学生生活を送ってください」と、私たちに向けてエールをくださいました。

 

 

卒業生にインタビューをしました

卒業生に大学生活についてインタビューすると、「短かった」「楽しかった」という声が圧倒的多数!

また、私たち後輩にメッセージをお願いすると、「短かったからこそ、一日一日を大切に」、「武庫女は周りと関わらせてくれる大学なので、関わりを大切に」という言葉をいただきました。

 

取材を終えて

インタビューでは、「大学で一生の友人を得た」とおっしゃっていたのが印象に残りました。

私も現在大学でとても気の会う友人に出会って、一生ものの仲になる予感がしています。いま「武庫川女子大学にいること」を深く考えるきっかけになりました(^^)

(文学部・日本語日本文学科3年 たかさん)

 

 卒業生の皆さんは私たち後輩に、「大学生活は短い。だからこそ、自由に使える時間を有意義に、そして一日を大切に過ごしてね」という言葉を、多くの方がおっしゃっていました。

私はまだまだやりたいことがたっっくさんあります。先輩方のメッセージを胸に、これからの大学生活を過ごしていきたいです(^^)!!

(文学部・日本語日本文学科2年 あっこ)

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.