パソコンでゲームやアニメーションを作る☆~パソコン同好会~

日本語日本文学科3年生あんこと食物栄養学科3年生はるかすです。
今日はパソコン同好会の取材に行ってきました!!

パソコン同好会では、様々なソフトを使って作成したものを展示していました!

今回、取材をさせていただいた方は、谷口万由子さん(情報メディア学科3年生)、友田友紀さん(情報メディア学科3年生)、土師可奈絵(情報メディア学科3年生)の3人です。

パソコン同好会1.jpg

パソコン同好会は現在12人で活動されています。
その中にグループが3つあり、グループごとで作品のテーマを決めて、作っているそうです。

まず、3DCGでアニメーションを作るソフトである「Maya」を使用しているグループの作品を紹介します!
「街並みを再現」した作品です。
テーマについてもお聞きしましたが、「思いつき」で作成されたそうです。
こだわった点は、車が1台だけだったら寂しいので、常に動いているようにしました、とのことです。

写真じゃ分かりにくいのですが......。
建物の周りに道路があって、車が常に動いているんです!
全部立体的になっています!!

パソコン同好会2.jpg

次に、ノベルゲーム(文章を読んで途中で現れる選択肢を選んで進めていくゲーム)を作成するソフトである「Unreal Engine 4」を使用しているグループの作品を紹介します!
引きこもりのニートたちを就職させよう! というテーマで作られたそうです。
こだわった点は、1人1人の性格やキャラクター性を変えて、性格に合わせたキャラクターを作りました、とのことです。

内容は、6人のそれぞれ問題を抱えた無職の男性を真っ当な仕事に就かせようと奮闘する2人のハローワーク女性職員の物語です。
選んだ選択肢によって、物語の結末が変わるマルチエンディング方式で作成されています。

同好会3.jpg

最後に、RPGを作ることができる「RPGツクール」を使用しているグループの作品を紹介します!
「RPG」とは、「ロールプレイングゲーム」の略称で、ゲームのジャンルです。
「RPGツクール」グループの方々は、残念ですが不在だったため、詳しいお話をお聞きすることができませんでした......。

このゲームのストーリーを簡潔に説明すると、兄妹で旅行に来た兄が、突然いなくなった妹を探す......というものです。
少しだけ遊ばせてもらいました!

同好会4.jpg

気になるものをクリックしたら、プレイヤーがクリックした場所まで移動してくれます。
テキストもいろいろあって、遊んだ時間は少しだけでしたが、とっても楽しかったです!

作品の制作期間についてお聞きすると、
「夏休みから作り始めて、文化祭直前まで調整しました」とのことでした。

作品を作るときに大変だったことについてお聞きすると、
「参考にするものがなかったので、最初から自分で考えて作ることが大変だった」とのことでした。

パソコン同好会から皆さんへメッセージをいただきました☆
「学科に関わらず、パソコンで作品を作ってみたいと思っている学生に入ってもらいたいなと思っています」

同好会5.jpg

パソコン同好会を発足したときに作ったキャラクター、「パソ君」です!

「パソ君」のネクタイは昆布でできていて、パソコンの「コン」と昆布の「こん」をかけているそうです♪
とてもかわいいですね(^^)

感想
今回初めてパソコン同好会の方が作成したゲームを見させていただきましたが、CMでよく出てくるようなゲームがあり、本当に作ることができるんだと思いました。
特に制作期間が2か月という短さでも本当にクオリティーが高くてびっくりしました。(食物栄養学科3年生 はるかす)

私自身、ゲームが大好きなので、テンション高めで取材のこと忘れたように(忘れてませんが)ゲームを遊ばせてもらいました!
とても楽しかったです......! 夢のようなひとときでした日本語日本文学科3年生 あんこ)

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動][第61回文化祭(2016年)]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.