コロナから解放されたい!

こんにちは。
情報メディア学科1年生の福ちゃんです。

新型コロナウイルスの感染者数もだいぶ減ってきましたね。
私は、終息したら海外旅行に行きたいな~と思っています。想像するだけでワクワクが止まりません‼


さっそくですが今回は「コロナ禍における大学の授業を経験して感じたこと」をテーマに、お話していきます。



私がコロナ禍での前期の授業を通して感じたことは、
つらい!!
この一言に限ります。(笑)

特につらかったことが2つあり、1つ目モチベーションが中々上がらないことです。
「ちゃんとやらなきゃ!」と思っても、課題を溜めてしまったり、ただ授業を聞いているだけだったり...
テストもほとんどなかったため、必死に勉強するということが無かったように思います。
だらしない日々を過ごす毎日に、「何してるんだ..」と自己嫌悪に陥ることもしばしば...
意欲的に授業や課題に取り組み、学びの姿勢を持ち続けることが大切だと気づかされました。


2つ目コミュニケーションがとれないことです。
対面の授業は少なからずあったのですが、次の対面授業まで日にちが空くことも多かったため、仲良くなるまでに時間がかかるなと感じました。
また、私は一人暮らしをしているのですが、緊急事態宣言の際は全てオンライン授業だったこともあり、1日誰とも話さないこともありました。家族や、高校の友人との電話が唯一コミュニケーションをとる場でしたね(笑)


正直なところ、私はオンライン授業でのメリットはあまり感じられませんでした。
ただ、オンデマンド型のいつでも見返すことができる授業は、自分のペースで見ることが出来るため、良かったところかなと思います。


現在も対面授業とオンライン授業の併用なのですが、対面授業を多く履修し、少しだけ前期よりも大学に通うことが出来ています。


コロナウイルスが終息し、完全に大学に通えるようになったら、高校時代に夢に見ていた大学生ライフを過ごしたいなと思います。


それまであと少しの辛抱ですね✨


それでは今回はこの辺で!!
最後まで読んでくださりありがとうございました。





カテゴリ

2021年12月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.