健康・スポーツ科学科 三井正也先生の研究室にお邪魔しました!

こんにちは!広報スタッフのがちゃです。

私たち広報スタッフは、現在、オープンキャンパスで高校生や受験生に

配布する冊子を作成しています!その名も「M☆style」!!!

その中では、学科や教授の紹介をしているのですが、

今日は健康スポーツ学科の三井正也先生に取材をさせていただきました。DSCN1347.JPG

 

冊子は12月に配布になるので、詳しい内容はお楽しみに・・・

 

ですが、特別に今日取材した三井先生のインタビューを紹介します!!!!

 

三井先生の研究室はブックセンターが入っている、

第一体育館アネックスの5階にあります。

 

三井先生は、健康・スポーツ科学科の先生でありながら、体操部の監督もされています。

先生の専門は、「スポーツ運動学」

専門用語ですね・・・私も ???となりました。

先生はとても丁寧に説明してくださったので、私から紹介させていただきます!!!!

 DSCN1352.JPG

例えば、自転車の乗り方を教えるときって、ペダルを何回踏めば、車輪がどんだけまわって~~

といったような、物理的なことを事細かに教えたりしないですよね?

自転車を後ろから支えてあげて、「もってるからね~~」と言いながら、手を離すなど、

体で覚えるように教えてあげます。

こんなふうに、「物理的、科学的ではなく、自分の身体との対話で、自分に変化を起こすこと」を、

「スポーツ運動学」と言うそうです。

なるほど~~~!!!!と私も、一緒に取材した澤田さんも理解しました^^!!

 

三井先生のゼミは、コーチングゼミで、幼稚園に運動を教えに行ったり、ラクロスのスコアブックを作って、戦略を立てたり・・・

スポーツを通したコミュニケーションを研究しているそうです。

 

その他の質問では、

Q,健康スポーツ学科の魅力は?

A,「チームワークがあり、結束力があるところ。」

 

Q,健康スポーツ学科の学生はどのような職業を志望し、また就いていますか?

A,「教員を志望している学生が多く、実際に教員や、スポーツクラブのインストラクターになる学生が多いです。その他にも、一般企業に行く学生もいれば、大学院に進む学生もいます。」

 

Q,高校生のうちにやっておくべきことはありますか?

A,「しっかり青春して下さい。中途半端が一番ダメ!何かひとつでもいいから、一生懸命に、『オタク』になれることを見つけて、体験してて欲しいですね。また、同じところに身を置かないで、いろんなことにチャレンジして下さい。冒険です!」

 

Q,教授をしていてやり甲斐を感じる時はどんな時ですか?

A,「自分の指導が遺伝子となって、教え子のそのまた教え子や、子どもに伝わることです。」

 

Q, 先生にとって、授業とは?

A, 「授業には、毎時間ドラマがある。だからやめられない!」

 

 

三井先生の、

「お金を稼ぐ手段としての教育ではなく、生徒の未来を考える教育を大切にしています。

 生徒の気付きが早ければ早いほど、その子の将来も大きく変化します。」

というお話が、とても印象的でした。

 

先生は、映画や読書が趣味だそうで、感動することが大好きだとおっしゃっていました。

そんな先生のブログが存在するので、探してみてください!

授業のことや、クラブのこと、たくさんの情報が得られますよ!

大学のイメージも湧いてくるかもしれませんね!!

 DSCN1381.JPG

 

他にも、ありがた~~~~いお話をしていただいて、大変勉強になった90分でした!!!

先生の授業を受けてみたいと思いませんか??

 

まずは、キャンパス見学に来てくださいね!!!

お待ちしております☆

 

12月に配布する「M☆style」も、お楽しみに~~~ ^^☆

 

情報メディア学科 がちゃ 

カテゴリ:[健康・スポーツ科学科][受験生の皆さん、応援してます!][学生広報スタッフの活動]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.