漢字で表現する独特な世界観

こんにちは!日本語日本文学科2年のくるみんと英語文化学科4年のゆりんです。

今回、私たちは生活環境学科・生活造形学科ファッションショーの取材に行ってきました。

90分というたっぷり見応えのある舞台で、出演者全員がキラキラと輝いていました!

 IMG_0975.JPG

今年のファッションショーのテーマは、『多情多感』。

10個の漢字を衣装や音楽、照明で表現していました。

 

【粋】・・・和のテイスト

【楽】・・・ポップで元気な雰囲気

【無】・・・大人っぽさがあふれる演出

【憧】・・・レトロな雰囲気

【勇】・・・お面を着用し、無機質な動き

【恋】・・・プリンセスを彷彿とさせる衣装

【迷】・・・不思議な、不気味な世界観

【幸】・・・ウェディングをイメージした衣装

【艶】・・・妖艶で華やかな衣装

【眩】・・・光と影の演出

 IMG_2038.JPG

IMG_1836.JPG

 

そんな輝く出演者を裏で支えた、生活環境学科アパレルコース3年小川優希さんにインタビューしてきました!(ちなみに、小川さんは今回広報担当でした!)

 

Q.制作などにあたって、特に印象に残っているエピソードなどはありますか?

A.初めのリハーサルでは、それぞれの完成度があまり高くなく、少し不安がありました。しかし、直前のリハーサルでは、完成系に近いものが出来上がり、出演者の成長していく姿が印象に残っています。

 

Q.苦労した点、力を入れた点はなんですか?

A.衣装のクオリティーは下げず、決められた期日までに完成させることに力を入れました。

 

Q.ファッションショーを終えて、今の感想はどうですか?

A.スタッフ側として影で支え、ファッションショーが成功したことに、うれしい気持ちと感動でいっぱいです。

 

Q.最後に、見に来てくれた方に一言お願いします!

A.たくさんのお客さんが来てくださったおかげで、ファッションショーを成功させることができました。感謝の気持ちが皆さんに伝えられていたらうれしいです。

 

 

かわいいもの、かっこいいもの、ユニークなもの...と、次々と登場する衣装に目が釘付けにされました。

細部までこだわった衣装だけでなく、照明や出演者たちの歩き方、またスクリーンの映像がよりステージに華を添えており、衣装に込められた思いや熱意が観客席に伝わってきました。

どのタイミングでも絵になるようなファッションショーで、90分間があっという間に感じられました!

 

今年のファッションショーの統括をしていた生活環境学科アパレルコース3年の吉鷹真里奈さんは、最後のあいさつで、「困難を乗り越えてきて、今日この日が迎えられたことがとてもうれしいです。それも、総勢194人の出演者や大学関係者の皆さんの支えがあったからです。先輩方から受け継いだ伝統を、これからもつなげていきたいです」と、涙ながらに話していました。

 IMG_2079.JPG

とても感動的なファッションショーでした!

 IMG_2098.JPG

今回、取材を受けてくださったファッションショーの皆様ありがとうございました!

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動][第60回文化祭(2015年)]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.