(Try to) Do It Yourself!!! ~UR-DIYキャラバンツアー【番外編】

こんにちは^^
英語文化学科4年のゆりんと、英語文化学科3年のこっこです!

本編の「(Try to) Do It Yourself!!! ~UR-DIYキャラバンツアー」はコチラからどうぞ^^⇒https://info.mukogawa-u.ac.jp/mukolog/2015/11/try-to-do-it-yourself-ur-diy.html

今回の取材で、実は快く取材に応じてくださった方がもうお一方!

お部屋のフローリングを提供してくださった、株式会社 西粟倉・森の学校 代表取締役 社長の井上達哉さんです。

IMG_0229.JPG

部屋のフローリングがとても気になった私たち。

 「このフローリングってどうしたの?」と聞くと、

「あ、これは、ユカハリ・タイルって言って・・・この方が社長さんなんですけど...」と、井上さんを紹介していただきました^^

 このタイルはヘリンボーンという、魚の骨の形を彷彿とさせる形^^
なんと!!!自分たちでパズルのように組み立てることができるのです!

IMG_0492.JPG

 「このフローリングは、バラすこともできるから、引越ししても一緒に持っていけるんです。置くだけで完成させることができるから、簡単なんですよ。実は、これは新しい商品なんです。素材がいいので、"床も所有"してほしいなと思ってるんです」と井上さん。

 すごい。これなら、女子でもできる!子どもも楽しめる!
しかも、『床を所有する』って、ステキなことば!!!

 どうしてこの『UR-DIYキャラバンツアー』の企画に参画することになったのか。そのきっかけをお聞きしました。

 「UR(=都市再生機構)にDIY部って部署があるんだけど、そこでこの武庫川団地でURの企画(UR-DIYキャラバンツアー)があることを教えってもらったんです。そしたら、そこの知り合いの方が『武庫川女子大学の学生がこんな企画をしているんだけど・・・』と言って、武庫女の学生さんの企画を紹介してもらって、協力させてもらうことになったんです」。

IMG_0262.JPG

 "いい出会い"がつながって、つながって。こうして、あたたかさがたくさんつまった木のタイルが敷かれている。たくさんの出会いと思いがつまった部屋なんだと、改めて感じました。

 「会社が岡山県の西粟倉村にあるんだけど、1500人くらいの小さな村で、子どもたちの数も減っていて。だからこそ若い人たちが起業して、村おこししてるんですよ。自然がいっぱいで、森がたくさんあるから、間引きして。そうやって伐採した木を使って、商品を作ってるんです。林業も活性化できたらと思って」。

 IMG_0356.JPG

とてもいい話を聞いてしまった。

私たちも予想していなかった"出会い"。『UR-DIYキャラバンツアー』を取材しに行って、企業の方にもお話が聞けて、村おこしのお話も聞けて・・・

 つながりって大切!出会いって大切!

すごく大事な、根っこにあるものを改めて確認することができました^^

 今回、急な取材にもかかわらず協力してくださった井上さん、本当にありがとうございました!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
今回取材にご協力いただいた井上達哉さんの経営されている、
【株式会社 西粟倉・森の学校】のホームページは
コチラ⇒http://zaimoku.me/

ユカハリタイルの情報などご覧いただけます♪
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動][武庫女Style][武庫女コレクション]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.