心温まる食堂~華SAKU食堂 晩ごはん編~

こんにちは。

日本語日本文学科4年生のあっことぼーちゃん、情報メディア学科3年生のポムポムプリン、心理・社会福祉学科1年生のブルーです!

今回は、武庫女StyleLunchCafeの取材のために、華SAKU食堂の夜営業の取材に行ってきました♪

場所は、学校教育館の東側、以前はうどん屋のにし金さんがあった場所です!

そこで料理を作られている、「みょーちゃん」にインタービューしました!

IMG_7064.JPG

Q:どんな方が来られますか ?

「学生が中心で、毎晩来てくれる人もいます。

一人暮らしの子や運動部の子が多いです」


Q:どのようなメニューがありますか?

「メニューは特に決まっていません。

『今日食べたいものは何かある?』と学生のリクエストを聞き、

その日冷蔵庫の中にある食材で作っています。

毎日メニューを変えて提供するようにしています」


Q:一番人気の料理は何ですか?

「空揚げです!」

IMG_7300.JPG


Q:この食堂で働かれているうえで、モットーなどはありますか?

「『おいしい』と言ってもらえるように頑張っています。

ご飯を食べに来てくれたみんなが、私たちの料理を食べて、

元気を出してくれるのがとてもうれしいです。

また自分の家に帰ってきたような、『ほっとした気持ち』を感じてほしくて、

お店に入って来た人みんなに、『おかえり』と言うようにしています」


Q:夜営業が始まったきっかけなどはありましたか?

「もともと、華SAKU食堂を営業されている内野さんの知り合いの方と友達で、

内野さんから『夜営業も行いたいと考えている』という相談を受けて、

働きたいなと思いました。

今は仲良し3人でローテーションしながら働いています」


Q:ここで働き始めてから、心境の変化はありますか?

「息子が野球部の部員で、よく部員の子たちが家に来たので、

ご飯を食べさせてあげていました。

もともとは寮母さんになりたかったので、今夢がかなっているなと感じます」


Q:得意料理は何ですか?

「得意料理は特にありませんが、

冷蔵庫にある食材で何でも作ることができます!」


最後に、学生に一言お願いします!

「しっかり食べや!女の子だから体形を気にしちゃう人もいると思うけれど、

今のうちにいっぱい食べて栄養とってほしい!

特に一人暮らしの子は、親御さんが心配しているはずだから!」


~こぼれ話~

「実は、学生の相談にものっています。

ある時、教職志望の学生がここで勉強をしていて、せきをしていました。

そこで『頑張ることも大事だが、休むことも大事』とアドバイスをしたことがあります。

しばらくその子を見かけなかったので、心配していましたが、

後になって、『教員試験、合格した!』と報告しに来てくれました。

すごくうれしかったです」


感想

お店に入ったときに「おかえり」と言ってくださり、心がほっこりしました。

ご飯もとてもボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。

武庫女Styleのプロジェクトメンバー4人で取材に行ったのですが、

即興で4人分作っていただいて、びっくりしました。

母の味が感じられ、おいしかったです。

栄養が偏りがちな一人暮らしの学生はもちろん、皆さまもぜひ食べに行ってほしいです!

IMG_7160.JPG

夜営業のメニューは、メイン料理+小鉢2つ+ごはん+みそ汁 すべて込みで500円!

ごはんとみそ汁は何度でもおかわりできます。

(この料理は取材したプロジェクトメンバーのためにわざわざ作っていただきました)

IMG_7316.JPG

武庫女StyleのLunch&Cafeのコーナーで、華SAKUさんの詳しい情報を掲載しています!ぜひチェックしてみてください(*^_^*)

華SAKU食堂ページ

また、朝営業と昼営業のブログも併せてご覧下さい!

朝ごはん編

ランチ編

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動][武庫女Style]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.