電話が苦手なのも山菜が食べられないのも全部成人式延期のせい

日本語日本文学科3年生のこなすです。

みなさん、幼少期に思い描いていた20歳ってどんな感じでしたか
私の場合は、大人で〜なんでもできて〜しっかりしてて〜落ち着いてて〜という感じでした。

でもどうでしょう。20歳になった今、改めて自分を客観視してみると、
全然違うぞ!おい!と思うわけですよ。


おっかしいな〜綺麗な日本語でテキパキ電話できてるはずだったし、
大人な味の山菜ご飯も食べれるはずだったのに。


電話は緊張しすぎて声が裏返る。
しそ入り海鮮丼を泣きそうになりながら食べる。この有様ですよ。


なんで私はこんなまま20歳になったのだろうか...。

私が思うに2つの説があって、

1つ目は「大人ってこんなもん説」です。

大人になったからって好き嫌いがなくなるわけでもないし、
なんでもできるわけでもないしという感じですね。

幼少期に思い描いていた大人像がただ単にハイスペックすぎたというだけの話。
私はこっちの説を信じたい。



そうでなければ、
2つ目の、「私がまだ成人式に行ってないから説」が濃厚になってきますね。

というのも、私の住む地域も成人式が延期になった地域でして、
成人式まだ経験してないんですよ。

大人になった瞬間、好き嫌いがなくなったり、
しっかりした人間になれたりするなんてありえなくないですか??

何かギミックがあるに違いない。もしかして、

成人式に行く大人としての自覚を持つなんでもできるようにな
こういうことなのでは??と思い始めました。

じゃあ、私もいつかあるだろうU〇Jでの成人式に行った瞬間山菜食べれるようになるのかな...なんてバカな期待を抱いています。


まあでも、できれば成人式なんてなくても自力で大人としての自覚を持てれば最高ですよね。

もしこのまま成人式ができなくても、かっこよく電話できるようにはなりたいですし。
(山菜は別に食べられないままでもいい。困らん。)



というわけで、これからゆっくりと昔思い描いていた大人像に近づけるように頑張っていこうと思います。

なんだかまとまりのないブログですがそろそろ終わりますね。
ありがとうございました。

カテゴリ:[いまどきの武庫川女子学生]

カテゴリ

2021年7月

M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.