社会で活躍できる英語力を!!~英語チャレンジコース~

こんにちは!
日本語日本文学科4年生のあやかと情報メディア学科1年生の鯵です。
今回は本学独自の英語教育プログラム『英語チャレンジコース』についての紹介を、9月26日に行われた説明会の様子と共にご紹介します。

英語チャレンジコース①

英語チャレンジコースは、大学2年生から4年生までの3年間に月曜日の3時限から5時限で授業を行う、少数精鋭の英語双方向授業によるグローバル人材育成プログラムです。

対象は大学英語文化学科と短期大学部英語キャリア・コミュニケーション学科を除く大学1年生と編入学を希望する短期大学部1年生。
さらにコースへの申し込み時にTOEIC500点を有するのが条件で、他にも日頃の成績(GPA)や希望動機などを基準に、面接で20人が選抜されます。

卒業時にはTOEIC800点以上取得を目標としています。これは企業が欲しい人材だと感じる高得点です。
しかし、それはあくまで「目に見える具体的な指標」で、英語チャレンジコースではTOEICの点数を上げる戦術やコツを教えるためだけの授業はありません。

説明会では、担当の木村麻衣子先生が「積極的に英語を使う本コースの授業を通して、付随的に点数も上がればと思います。将来は出身の学部・学科関係なく、英語を使って社会で活躍できる人になってほしい」とお話をされていました。

英語チャレンジコースでは、まず自分のキャリアのためにどのように英語を勉強するのか、どんな資格が必要なのかなど、自分のキャリアと資格についてイメージを膨らませることから始まります。
1年目は、『読む・書く・聞く・話す』この分野の基礎固めを行い、それら4つに共通する「文法」を身につけていきます。
また、これら4つの分野に加え、3年間を通じ、人前で発表する力や相手に評価されるばかりではなく相手を評価する力など、社会に出て必要とされる社会人基礎力を鍛えていきます。

 英語チャレンジコース②

説明会は真剣な雰囲気で進みます。参加者はパワーポイントを見つめて熱心にメモを取っていました。

「正直、学科の授業との両立はとても厳しいです。英語チャレンジコースでは課題もたくさん出ます。毎年やる気がある子がコースに来てくれますが、それでも途中でコースを抜けてしまう人もいます。でも、やる気がなくてやめる子は1人もいません」と木村先生が学科との両立や課題についてなど、あえて厳しさを話すと、会場は水を打ったように静かになりました。

木村先生は、「言っちゃってもよかったかな?」と笑っていましたが、その後すぐ、「ただ、大変だし、厳しいのも分かっています。それでも学科の勉強に加えて英語も頑張りたい。そんな学生たちを、私たちは全力でサポートします」と力強くおっしゃっていました。


説明会終了後、参加者がそれぞれの授業の見学に参加していたので、私たちも参加しました。
授業は少人数ということもあり、学生と先生の距離がとても近く、楽しそうな授業の様子が印象に残りました。

先生の発音も丁寧で聞き取りやすく、少し間違っても笑顔でフォローしてくれます。

何より、ただ教科書にかじりついて勉強するのではなく、実際のコミュニケーションを通じて、頭よりも体で覚えていく実践的な英語が学べることが、とても魅力的に感じました。

英語チャレンジコース③

 

参加した健康生命薬科学科の方にお話を伺うと、「授業がとてもよさそうだった。申し込むかどうかはもう少し考えてみようと思う」と、話してくださり、今回の説明会の内容と真摯に向き合われている様子でした。


説明会終了後、木村先生にお話を伺いました。
「皆さんにありのままを知ってほしかったんです。今ここで楽しいことやうわべだけの話をすれば、きっとたくさんの人が入ってきてくれると思います。しかし、せっかくTOEICも頑張って500点以上取得して、英語を頑張ろう!とコースに入ったあとで、実際の大変さを知ってがっかりしてほしくありません。この話を聞いた上で、それでも入るか、その心構えをしてほしかったんです」

説明会後も成績や資格取得に関する受講についての相談者が大勢残っていて、木村先生は学生の質問に一つ一つ答えていました。

木村先生の思いは、きっと参加者に届いたのだと感じました。

「今は職業を問わず英語力が求められます。英語文化学科ではなくても、英語での電話応対など、誰にでも英語力が求められます。社会に出て働くときに、不可欠な存在なんですね。ただ、そんな中で自信を持って競争できるようになりたい。英語文化学科でなくてもそんな学生たちが頑張っていけるような体制が、武庫女にはあります。ぜひ一緒に頑張りましょう!」
と、木村先生はエールを送ってくださいました!


英語が苦手で、共通教育科目で履修しているけれど、「英語をもっと勉強しなきゃ・・・」と思っている人はきっといると思います。
この記事を読んで、私も英語を勉強したい、頑張りたい!!と思った方は、ぜひ日下記念マルチメディア館2階外国語教育推進室に足を運んでみてください!(*^_^*)


★英語チャレンジコースに所属し、日本の子どもたちに英語を教えたいという夢のために頑張っておられる方を、今回ふるふぃる♪Vol.7で取材しました!
11月4日発行の受験生・高校生向けの冊子です。ぜひご覧ください!!

*************************************

本学TOEIC出願についてです。
ぜひ挑戦してみてください!!(^O^)

TOEIC学内公開テスト
試験日  2016年12月11日(日)
出願   2016年10月17日(月)~10月27日(木)
結果発表 2017年1月10日(火)

学内TOEIC-IPテスト
試験日  2016年12月18日(日)
出願   2016年11月14日(月)~12月1日(木)

*************************************

TOEICなんて難しそう・・・と思っている武庫女生、そこのアナタに朗報です。

教育支援システムMUSESから英語学習支援システムMELs(英語学習支援システム)にアクセスすると、無料でTOEICの模擬演習ができますよ♪

これは武庫女にしかないサービスです。さぁ今すぐアクセス!!

カテゴリ:[ふるふぃる♪][冊子制作][取材][受験生の皆さん、応援してます!]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.