【ふるふぃる♪vol.7】管理栄養士として東京で活躍中☆ ~和田宏美さん①~

こんにちは! 文学部心理・社会福祉学科2年生のたけです。

今回は、「ふるふぃる♪vol.7」で取材させていただいた、私たち武庫女生、かつ学生広報スタッフの先輩である

和田宏美さんについて紹介させていただきます。

和田さんはなんと!生活環境学部食物栄養学科卒業後、大学院の生活環境学研究科 食物栄養学専攻 修士課程に進学されました。

そして、大学院を修了された後、就職を経てから1年で独立されました。

誌面には載せられなかった和田さんの受験生も大学生もためになるお話を紹介しますので、ぜひぜひチェックしてくださいね★

学生時代は、学生広報スタッフに所属、JR福知山線脱線事故の被害者である卒業生を武庫女に招いて開催した、学生企画のトークイベント「マイナスからの出発」のリーダーを経験、さらには講演家を招いたイベントの主催まで、まさに後悔のない!ステキな学生生活を過ごされました。

現在は「未来(ミラクル)えいようアドバイザー」として、管理栄養士のお仕事をされています。40~50代の方を中心に生活習慣病発病予防のための生活習慣改善のサポートをしたり、妊活希望の方に栄養サポートをしたり、「クックパッド ダイエット」と「ダイエットジムコンシェルジュ」の2つのサイトでダイエットに関するコラムを書かれたりされています。

 DSC_0345.jpg

笑顔がとってもキュート♡ 

笑顔が本当にステキなので、和田さんが取材場所に来られただけで、

取材場所の雰囲気が一気に明るくなりました!

お話しするだけで元気がもらえる、そんなすてきな先輩ですo(^O^)o

 

 

ではでは、冊子に載せられなかった質問&インタビュー裏話をご紹介していきます!

 

 

【冊子に載せきれなかった質問たち】

Q: 学生時代も様々な活動をされていた和田さんにとっての学生時代の原動力は?

A: 頑張っているという感覚はなく、楽しんで活動をしました。武庫女には頑張れる環境がたくさんあるので、あればやりたいし、めいいっぱい楽しみたいと思って様々な活動をしました。

「しなきゃ!」という義務感はいりません。「今日は何かいいことおきそう」、「今日は笑顔で1日過ごそう」などポジティブな考えをもつことが大事です。皆さんも前のめりになった様々な活動を楽しんでください!

Q: 夢をかなえようと思ったのはいつ頃から?また、かなえるためにされたことは?

A: 管理栄養士を目指し始めたのは高校2年生の夏からです。担任の先生から管理栄養士の資格について教えてもらったことがきっかけでした。管理栄養士を目指すことを決めてから、資格を取得できる大学を探したり、管理栄養士の仕事が分かる本を読んだり、管理栄養士として活躍している人は誰かをインターネットで探しました。

大学に入学してから3年生になった時、周りの友達が就活支援サイトに登録しているのを知り、自分もなんとなく登録してみたものの、自分は何がしたいのだろうと悩む時期がありました。

学生時代は大学を卒業したら、就職をすることが当たり前だと思っていましたが、社会経験豊富な方にお話を伺ったり、様々な職種の方にも相談することで、視野が広がり、大学院進学という選択肢が見えてきました。

 

Q: 今のお仕事のやりがいを教えてください

A: セミナーやカウンセリングでお話を聞いてくださった方が食事の重要性を実感し、食事の内容を気を付けるようになったという言葉を聞いた時にやりがいを感じます。「食事の大切さを教えてもらえてよかった。もっと和田さんと早く出会っておきたかった」というお言葉などをいただけたときには本当に幸せな気持ちになります。

フリーで活動しているぶん、プレッシャーも大きく不安で押しつぶされそうなときもありますが、取り組んでいることが形として出来上がり、喜びを感じる時や、クライアントさんの笑顔を見ることができた時などに、やっていてよかったと感じます。

 

 

【インタビュー裏話&和田さんSNS&オリジナルメニューのお知らせ】

★インタビュー裏話

取材当日、和田さんが話してくださるお話の一つ一つが勉強になり、面白いお話もたくさんあったので

取材時間が2時間もオーバーしてしまいました!(笑)

DSC_0457.JPG

この貴重な取材でいただいたお話を、ぜひブログの読者さんにも読んでいただき、刺激を受けてほしいので

和田さんを取材させていただいた際、わたしの中で心に残っている言葉の中から1つだけ紹介させていただこうと思います。

 

"あなたを支えてくれる人がいるのは当たり前じゃない"

 

毎日愛情のこもったご飯を作ってくれるお母さん、大学で優しく温かく接してくれる先生方や職員さん。自分の生活を支えてくれる存在がいることは当たり前ではありません。このような方々の存在に感謝して様々な活動をしていくことが大切ということを和田さんが教えてくださいました。

私はこのお話を聞いて、当たり前だ、と思ってお母さんのご飯を食べたり、大学の授業を受けたりするよりも、一つ一つのことに感謝して生活をするほうが、一つ一つの行動に意味ができて、すてきな生活が送ることができそうだと感じました。皆さんもぜひ、ついつい忘れてしまっている感謝の気持ちを呼び起こしてみてください!

 

★和田宏美さんSNS

和田さんはFacebookページとブログを開設されています。どちらとも勉強になる情報がたくさん載っていますので

こちらもチェックしてくださいね。

 

Facebookページ↓↓

https://www.facebook.com/未来ミラクルえいようアドバイザー-管理栄養士-和田宏美-1692677487674740/

ブログ↓↓

http://ameblo.jp/mthm-hrm/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog

 

★和田宏美さん②のお知らせ

なんと、和田さんに受験生の皆さん向けに夜食メニューを考えていただきました!!

こちらは和田宏美さん②でご紹介しますので、ぜひ②の方もチェックしてくださいね★

和田宏美さん②はこちら

取材を終えて

和田さんとお話させていただいた5時間程の時間で、本当にたくさんのことを学ぶことができました。

私たちがさせていただいた質問の他にも、後輩である私たちにとってためになるお話もたくさんしてくださり、本当に取材させていただいて良かったです。

最後にお別れする時には涙が出るくらい、和田さんのことが大好きになっていました(笑)

お仕事を終えた後の取材だったのにもかかわらず、ずっと笑顔でインタビューに答えてくだったのが印象に残っています。

武庫女にはこんなすてきな先輩がいて、東京という場所で活躍されています。

この記事で紹介させていただいた和田さんの他にも、取材させていただいた武庫女生の方は、皆さん夢に向かって全力で頑張っていらっしゃいます!ぜひぜひブログ記事だけでもなく、ふるふぃる♪vol.7制作メンバー7人で、試行錯誤して作り上げた冊子の方もチェックお願いしますね♪

 

------------------------------

ふるふぃる♪ vol.7

和田宏美さん紹介ページ

wdsp.jpg

ふるふぃる♪ vol.7はPDFファイルでもご覧いただけます。
↓↓↓
http://www.mukogawa-u.ac.jp/magazine/fulfill/pdf/fulfill07.pdf

 

 

カテゴリ:[ふるふぃる♪][冊子制作][受験生の皆さん、応援してます!][学生広報スタッフの活動]

カテゴリ

2021年3月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.