NEWS

後期授業2日目。キャンパスが活発に動き出しました。

2020/09/17

後期授業2日目の17日、各学科ではコロナ対策に配慮しつつ、対面授業が行われました。キャンパスでは附属総合ミュージアムで展覧会再開に向けた準備が始まったり、ICTヘルプデスクが学生の対応にあたったり、様々な動きがみられました。

  

公江記念館は、3月の竣工以来、がらんとしていた各フロアに学生があふれ、一気に学び舎らしくなりました。経営学部の教室ではビジネス英語など一部の授業が行われ、教員はフェイスシールドやマスクを装着のうえ、学生と距離をとりながら授業を進めていました。2階のカフェではソーシャルディスタンスを保ちながらランチに行列ができ、オープンフロアでは早くも“お気に入り”の場所を見つけ、パソコンをたたいたり、資料に目を通したり、思い思いに過ごす学生の姿がありました。

 

 マルチメディア館では着席前、各自でパソコンを消毒するのがルールです。学生たちは各教室の前にセットされた消毒液をペーパーに含ませ、慎重にキーボードを拭いていました。

 

短大心理・人間関係学科では4限、2年生対象の「プロジェクトマネジメントの実践」が対面で始まりました。学生たちは少し緊張した様子でしたが、「組織で求められる人材になりたい」「企業について知りたい」など、卒業年次らしい目標を語りました。4限の授業に合わせて登校したという学生は「前期はオンライン授業ばかりで周りの反応が見えず不安でしたが、対面授業はみんなの様子がわかるのがいいですね」と話していました。

 

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE