NEWS

武庫川女子大学オープンカレッジが10月5日から定期講座を再開するのを前に、9月23日、受講生が中央キャンパスを見学しました。

2020/09/23

9月23日、秋の特別講演(23日~25日)の一環として行われた「武庫女deウォーキング」。オープンカレッジが2020年1月から、これまでの上甲子園キャンパスから中央キャンパスに会場を移したことから、受講生に中央キャンパスを知ってもらおうと、永田隆子所長が各施設を案内しました。

 

オープンカレッジは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、半年間、休校していましたが、10月5日から定期講座を再開することが決まっています。再開後の会場は、学術研究交流館や武庫女ステーションキャンパスが中心ですが、特別学期や一部の講座で、中央キャンパスの他教室を使用することもあり、受講生の立ち寄りが増えそうです。

 

この日、受講生たちは学術研究交流館で握力や歩幅の測定などロコモ度テストに挑戦した後、中央キャンパス内に移動。新しい公江記念館や図書館、食堂などを見学しました。オープンカレッジの受講生はMICカードを携帯し、図書館や食堂、購買など学内施設を優待利用できます。受講生たちは「ATMもあるし、キャンパス内で全部用事がこなせそう」「学生が多くて若々しい気持ちになります」と、うれしそうに話していました。

 

受講生の中には卒業生の姿もありました。短期大学英文科卒の岸野清子さんは2年前から「Let's Talk in English」を受講しています。学生時代は体操部で活躍した岸野さんは「キャンパスはずいぶん変わったけれど、オープンカレッジのおかげでいつまでも学生気分を味わえます」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE