NEWS

ファッションショーを動画で紹介。デザインを学ぶ全国の学生らが競う「KDKファッショングランプリコンテスト」で、生活環境学科の学生2グループが入選。

2009/10/22

 デザインを学ぶ全国の学生らが競う「KDKファッショングランプリコンテスト」で、生活環境学部生活環境学科アパレルコース3年の光井春菜さん、松井直子さん=写真左の右から順=がデザイン、制作した作品が「日本図案家協会賞」を受賞し、同3年の山口葉子さん、橋谷愛子さん、疋田知美さん=写真右の右から順=の作品が「佳作」に入賞しました。2作品は10月21日に京都会館で開催された「2009KDKモードショウ」で披露されました。「2009KDKモードショウ」の様子は10月22日、本ホームページの動画ニュースに掲載しました。

 今年のテーマは「愛のバラード~美しいものに恋をして~」で、全国から258点もの応募がありました。1次審査のデザイン画審査を経て、8月30日に2次審査が行われました。

 光井さんと松井さんの作品は、腰から裾にかけて付いた花がアクセントになっているドレスです。ドレスを華やかに彩る200個の花は一つ一つ手作りしました。布地は「愛」にかけて自分たちで藍色に染め上げ、その風合いや色彩が高く評価されました。光井さんと松井さんは「昨年は受賞できなかったので、とても喜びました。今年も頑張ったかいがありました」と話しています。

 山口さんたちの作品は、崇高な愛が徐々に嫉妬に駆られていく様子をテーマにして制作されたもので、色や布の状態の変化に富んだ印象深い作品となっています。山口さんらは「愛情の移り変わりを表現するために、布の質感や形態にこだわりました。入賞できてうれしいです」と感想を述べました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE