NEWS

博物館学芸員資格課程履修者による「館蔵資料展2017」が公江記念館2階ギャラリーで開催されています。

2017/07/07

 博物館学芸員資格課程履修者による「館蔵資料展2017」が公江記念館2階ギャラリーで開催されています=写真=。

 博物館実習の一環として、日本語日本文学科4年の23人が取り組みました。武庫川学院の収蔵する古い民具や美術作品から1点ずつ選び、時代背景や特徴を調査。キャプションをつけて展示するとともに、図録を作成しました。

 貝の内側に色鮮やかな絵が描かれた一対の「貝覆い」は江戸後期のもの。貝合わせとの違いや、使われ方の変遷を調べました。昭和初期まで使われた木製の冷蔵庫は一見、棚のよう。肉や魚の絵、氷の入れ物を配置して、イメージしやすくしました。江戸後期に頼山陽が記した「日本外史」と、現在の高校教科書「日本史B」を比較したり、昭和初期と平成のうちわを並べたり。大正時代の炭火アイロン、元禄時代の能面も目を引きます。

 学内外に広く、見学を呼び掛けており、7月5日、短期大学部生活造形学科1年の約60人が、初期演習の授業で見学に訪れました。図録を手に会場を巡り、「昔の教科書って読みにくい」「木製の冷蔵庫は初めて」と、珍しそうに見入っていました。

 開催期間は7月25日まで。土日祝休館。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE