NEWS

情報メディア学科の広告メディア演習で最終発表会。

2018/01/20

 学生が企業のテレビCMを制作する情報メディア学科の広告メディア演習(2年後期)で1月18日、最終発表が行われ=写真左=、企業が優秀作に賞を贈りました。この授業は企業といっしょに課題解決をめざすPBL(Project-Based Learning)の授業で、これまでに、大阪市水道局、NTT西日本、白鷹のCMづくりに取り組みました。今年度は西宮市に本社のあるバッグメーカー「株式会社 ジブ」と連携。17グループが作品を発表し、今中綾香さん、寺本芽生さん、濱田真子さん、堀野眞子さんの4人による「鞄で世界をカラフルに」=写真中=と、櫻井穂乃花さん、永井志穂さん、山崎蓮珠さん、岡田真侑さん、木之下芽依さんの5人による「自然の色と出かけよう」=写真右=の2作品が、優秀作品賞を受賞しました。

 セイルクロスを使った軽くて丈夫なバッグで知られるジブの商品を30秒のCMで表現するのが課題です。学生は授業で広告制作のプロセスや技術を学び、ジブの意向を聞いて表現コンセプトを考え、絵コンテを描き、撮影や編集に取り組みました。どのグループも、学内外で撮影を繰り返し、膨大な映像資料の編集に追われ、約3か月かけて完成にこぎつけただけに、受賞を聞いて泣き出す学生もいました。

 「鞄で世界をカラフルに」は、モノトーンだった世界がジブのバッグでカラフルに変わる様子を表現。鞄の製作風景を挿入し、メリハリを効かせました。学生は「途中で内容を一から見直すなど苦労しましたが、受賞できてうれしい」。「自然の色と出かけよう」は、自分たちで作ったポップなBGMに乗せて、テンポよくシーンをつなぎ、鞄の鮮やかな色を強調しました。学生は「思うような映像が撮れるまで、何度も撮りなおしました。メンバーで役割分担して、頑張りました」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE