NEWS

湊かなえさんがパーソナリティを務めるラジオ番組 湊かなえの「ことば結び」が6月3日からスタートします

2020/05/26

 武庫川女子大学は、本学家政学部被服学科の卒業生で小説家の湊かなえさんがラジオパーソナリティを務める番組 湊かなえの「ことば結び」を2020年6月3日(水)午後8時から、FM大阪でスタートします。2017年4月から放送していた「武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-」が2020年3月に終了したことから、新たに企画しました。

 

「告白」「贖罪」「リバース」など、生み出す作品が次々にベストセラーとなり、映画やドラマ化される人気作家が、「ことば」をテーマに、リスナーに語りかけ、リスナーとともに物語をつむぎます。5月下旬に初めての収録を終え、彩り豊かな言葉選びと軽快なトークを展開しました。

 

初回冒頭、湊さんは「ラジオ番組を自分が進行するのは初めてで、すごく緊張しています。ハプニングを楽しもうという温かい気持ちで、どうか私を育てていってください」と、リスナーに呼びかけました。アシスタントを務める塩田えみさんも武庫川女子大学短期大学部国文学科の卒業生。湊さんと同年代であることから、「入学した年に制服着用が自由化された」「今、キャンパスがすごくきれいになってうらやましい」など、ムコジョトークで盛り上がりました。湊さんは学生時代、瀬口和義学長のゼミに所属。「4年生のときは朝から晩までずっと研究室で過ごしました。休日は瀬口先生とみんなで紅葉狩りに行ったり、ゼミ生の誕生日にはケーキでお祝いしたり」と、懐かしそうに語りました。

 

最新刊「カケラ」は美容整形がテーマ。クリニックの取材を通して「外見を変える仕事なのに、(美容整形の現場は)内面に向き合っている。その世界を書いてみたいと思った」と言い、「美容に関心がなかったけれど、週に1度くらいパックをしようと意識が変わりました」と話しました。

 

小説を書く上で心がけているのは「妥協しないこと」。自分が突き詰めたい内容については、小説の中でしっかり向き合うそうです。辛い描写にさしかかると、「逃げるな、逃げるな、と自分と戦っています」と、打ち明けました。

 

この番組では、リスナーと共同でつくるコーナーが多彩です。湊さんが1話目を書き、リスナーが続きを考えて、短編小説を作る「みんなで短編小説 あなたとわたしの物語」や、色にまつわるエピソードを集めて24色のパレットを作る「ことば結びパレット」など、毎回、リスナーに投稿を呼びかけます。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE