NEWS

後期授業3日目。1年生の仲間づくりも進んでいます。

2020/09/18

後期授業3日目の18日、学生たちは慣れた様子でそれぞれの時間割をこなし、新型コロナウイルス感染防止対策をしながらの新キャンパスライフは落ち着いた週末を迎えました。空き教室では授業の予習や資格試験の勉強をする学生の姿も。1年生の友達作りも進み、グループで移動したり、食堂でおしゃべりしたり、楽しそうな様子がみられました。

 

中央キャンパスの食堂「アゼリア」で早めのランチをしていた短大日本語文化学科1年の5人組は、全員が今日、知り合ったばかり。初回のみWebの授業に勘違いで登校し、意気投合しました。入学してからキャンパスに入ったのは健康診断を含めて4回目。「対面授業の方が時間の使い方にメリハリが効いていい」と、口をそろえました。初めての食堂の味に「食器が可愛くておしゃれ。味もおいしい」と、笑顔で完食していました。

 

音楽学部では前期から実技を伴う一部の授業と個人レッスンで、パーテーション設置等の対策をしながら対面を取り入れていましたが、後期はより多くの授業に対面を導入するため、各教室やレッスン室にパーテーションを増設しました。演奏学科2年の「旋律と和声B」もこの日から対面で実施。教員はマスク着用のうえ、パーテーション越しに講義しました。

 

第1体育館では健康・スポーツ科学科2年の「エアロビックダンス」の授業が行われました。ほとんどの学生にとって、この日、唯一の対面授業。運動着に着替え、黙々と体育室に集まりましたが、実技が始まると一気にパワーが弾けました。この授業では密着を避けながら、エクササイズ等を行っていく予定です。

 

日本語日本文学科4年の書道ゼミ。 前期はWeb授業でしたが、久しぶりに書道教室で筆を振るいました。学生は「自宅と違って、書道に専念できる環境なので、集中力が高まります。いいものが書けそうです」と張り切っていました。

 

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE