NEWS

「新型コロナウイルス感染拡大に伴う活動制限のガイドライン」の活動制限レベルを変更。「1(一部制限)」から「1・5(特別期の制限)」に。

2020/11/24

学生、教職員の皆さま

武庫川女子大学

武庫川女子大学短期大学部

学長 瀬口和義

 

 新型コロナウイルスの感染拡大で、学生、教職員を対象に段階的な活動再開に向けて策定した「新型コロナウイルス感染拡大に伴う活動制限のガイドライン」について、「レベル1(一部制限)」と「レベル2(制限‐小)」の間に、新たな活動制限レベルとなる 「レベル1・5(特別期の制限)」 を設定し、その設定に沿ったガイドラインを運用しますので、ご報告いたします。

 

 本学は、感染拡大で政府が発出した緊急事態宣言が5月25日に全国で解除されたのを受け、「新型コロナウイルス感染拡大に伴う活動制限のガイドライン」を策定し、6月1日から運用を開始。7月1日からは「レベル1(一部制限)」(ただし、授業及び事務職員の勤務は、「レベル2(制限‐小)」)、9月16日からは、授業を「レベル1(一部制限)」に変更して運用してきました。

 

 11月半ばから感染が全国で再拡大しています。兵庫県は11月20日、県内での感染者急増のため、独自に定める警戒レベルを引き上げ、最も高いレベルとなる「感染拡大特別期」に入りました。本学ではこれらの感染状況を踏まえ、感染症対策本部会議においてガイドラインの見直しを検討し、新たな活動制限レベルとなる「レベル1・5(特別期の制限)」を設定し、これまでの「レベル1(一部制限)」から引き上げて運用することを決定しました。運用開始は、中央キャンパスへの登学禁止解除の11月24日からとします。

 

 今回のガイドラインのレベル変更は、学生の皆さんの学修機会の確保、豊かな学生生活の継続を図るとともに、あらためて感染防止の意識と行動の徹底を求めるものです。

 新たなガイドラインに沿って、対面、遠隔併用の授業を円滑に実施し、また、課外活動については、不幸にして集団感染が発生し、中央キャンパスを一時的にも閉鎖せざるを得ない事態に至ったことから、活動計画に加え、しっかりした感染防止策によって、活動再開の可否を決定することにしています。

 

 学生、教職員の皆さまにおかれましては、今後も引き続き、「withコロナ」の新しい生活様式に沿った学びの環境を構築するため、一層の感染防止策に取り組んでいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

※活動制限レベルは、以下の7段階です。

「0(制限なし)」、「1(一部制限)」、「1・5(特別期の制限)」「2(制限-小)」、「3(制限-中)」、「4(制限-大)」、「5(原則停止)」

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE