NEWS

浜甲子園キャンパス(薬学部)に新型コロナウィルスのPCRセンター設置

2020/11/02

武庫川女子大学は11月2日、薬学部にPCR検査センター「武庫川女子大学PCRセンター」を設置しました。

新型コロナウイルスの感染拡大に対する学生の不安を解消し、新しい生活様式に沿った安心安全な教育環境を確立するのが目的です。

検査の対象は、武庫川学院の全学生・生徒・園児と教職員で、検査体制を整えたうえで、12月から学外実習や課外活動などで緊急性を要する学生、教職員を対象に検査をスタートさせ、来年1月から全学を対象に検査を本格化させる予定です。

施設は、薬学部の総合薬学教育研究棟内に開設。検体採取から検査まで、すべてセンター内で完結します。料金は、初回は無料とし、2回目以降は原則4000円。実習等で複数回の検査が必要な場合は2000円にする予定です。

PCRセンター長の篠塚和正・薬学部長の話「いつでも何度でも検査が受けられることで、不安払しょくに役立ててもらうとともに、教育講演も併設するので、検査を正しく利用してもらいたい。いずれは地域の団体などの要望にも応えていきたい」

 センターの詳細については、こちらの資料をご覧ください。

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE