NEWS

<日本語/English>新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、厚生委員会がランチタイムに注意喚起の放送を始めました。

2021/04/16

Covid-19 awareness message broadcasted by the Welfare Committee of MWU!

 

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、学友会の厚生委員会がランチタイムに中央キャンパス全館で注意喚起の放送を始めました。

放送は4月13日からスタート。当面、火曜から金曜まで毎昼休み、厚生委員4名が交代で放送を担当します。学生一人ひとりが新型コロナウイルスの脅威を自覚し、十分な対策をとるよう注意を促すのが目的です。

 

16日は応用音楽学科3年の粟谷利菜さんが放送を担当。マイクに向かって繰り返し、原稿を読み上げました。「キャンパスの全学生に届くよう、少し大きめの声で放送しました。学生一人ひとりが三密を避ける工夫をし、感染対策に気を付けていきたいです」と話していました。

 

このほか、厚生委員会ではSNSで全学生に注意を呼び掛けたり、アンケートを実施したりしています。

 

アゼリアをはじめ、学内の食堂は感染対策のため座席数を減らし、アクリル板を立てるなど対策を強化しています。このため、大学では教室なども食事場所に開放し、弁当販売やキッチンカーでのテイクアウトを呼び掛けています。この日も学内の空き教室やベンチで食事をとる学生の姿が目立ちました。

 

 

From Tuesdays through to Fridays, 4 members of the Welfare Committee of MWU will be taking turns to make announcements of precautions against Covid-19. Their aim is to be heard all around the campus to remind fellow students of ways to become self-aware as we face ways to tackle the issues related to the virus.

 

We had the pleasure of meeting and speaking to one lively 3rd year student of MWU as it was her turn to announce. She strongly stated “I wanted to reach everybody on campus, so I tried using teachers’ voice and spoke up! We will continue to encourage the 3 C’s . (1. Closed spaces with poor ventilation. 2. Crowded places with many people nearby. 3. Close-contact settings such as close-range conversations). Another idea that had played an active part  was with the use of SNS application, LINE. The committee was able to communicate and deliver essential information and reach out to many.

 

As seen in the photographs taken during the lunch time, it was evident that the students acted accordingly to preserve the 3 C’s when they ate their lunch in various locations such as their classrooms to benches and tables set outside.

 

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE