NEWS

<日本語/English>薬学部薬学科の学生に向けた「アロマセミナー&クラフト体験会」が10月15日、浜甲子園キャンパスで開催されました。

2021/10/19

Aroma seminar and craft workshop held at Hama-Koshien campus.

 

English below. 

 

薬学部はくるみ薬局と(株)MIWAIKEHATAの協力のもと10月15日、「アロマセミナー&クラフト体験会」を開催し、薬学科の学生8人が参加しました。


近年、医療や福祉、介護の現場で芳香の効用が注目されており、科学的に正しいアロマテラピーの実践、普及が重要になっています。セミナーでは「くるみ薬局」と(株)「MIWAIKEHATA」のAEAJアロマテラピーインストラクター有資格者が講師役を務めました。

 

アロマテラピーは「化学物質が人に作用を及ぼす」という観点から薬剤師の潜在的な職域分野の1つと考えられています。セミナーでは、薬剤師がアロマを取り扱う意義や、精油(エッセンシャルオイル)の抽出・保管法、注意すべき病気、使用法などを解説。学生たちは数十種類の精油の香りを試し、講師と相談しながらオリジナルのアロマスプレー、アロマ重曹、アロマサシェを作成しました。

 

参加した学生は「今まで知らなかったアロマの抽出方法や保管方法を知り、自分でも作ることができて有意義でした」。講師の一人、(株)「MIWAIKEHATA」の池端美和代表取締役は、「学生の皆さんが興味をもって取り組み、アロマの有用性や楽しさに気づくきっかけになったと感じています」と、話してました。

 

薬学部ではくるみ薬局を運営するベガファーマ(株)と臨床教育等に関する連携・協力協定を2021年8月2日に締結し、今回のセミナーはこの協定に基づいて実施しました。くるみ薬局は関西一円に30店舗を構え、アロマを通じて患者が気軽に立ち寄れる健康拠点を目指しています。11月にも同様のセミナーを開催する予定で、今後も引き続き予防・未病状態から患者に寄り添い地域医療に貢献する薬剤師の養成に向けて、武庫川女子大学薬学部と相互連携を深めていきます。

 

Aroma and crafts workshop seminar was conducted by Kurumi Pharmacy Co., Ltd., in cooperation with MIWAIKEHATA Co., Ltd., for the students of MWU’s Faculty of Pharmacy.

 

The importance of aromatherapy with the use of fragrance has been attracting attention in the fields of medical care, and in science practices. At the seminar held on October 15th, AEAJ (Aroma Environment Association of Japan) qualified instructors from Kurumi Pharmacy and MIWAIKEHATA Co., Ltd., came in to teach the students about aromatherapy.

 

From medicinal point of view, aromatherapy is considered to be a form of chemical substance that can affect the human body. At the seminar, students were shown how to extract and store, and how to handle aromas.  Then they looked at dozens of essential oil scents and consulted with the instructors to create their own aroma sprays among other things.

 

One student commented “it was interesting to learn how to extract and store aromas and I enjoyed making my own ones too.” A representative from MIWAIKEHATA Co., Ltd., added “I’m glad that the students took well to the seminar and saw how aromas can be adapted into their lives.”

 

This seminar was held based on the agreement that Kurumi pharmacy, which is run by Vega Pharma Co., cooperates and sign an agreement on clinical education with MWU’s Faculty of Pharmacy. The pharmacy has 30 stores all over Kansai district, and it aims to be an easily accessible and aroma friendly health unit.

 

With the intention of nurturing and training future pharmacists, the seminar will be a work in progress. Another one with similar outline is scheduled to be held in November.

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE