NEWS

正しい着付けでゆかた美人に! 鳴松会主催のゆかた講習会が行われ、学生たちが本学OGからゆかたの着付けの手ほどきを受けました。

2008/07/14

 鳴松会主催のゆかた講習会が鳴松会館三階和室で行われました。本学OGの難波優見氏=写真中央・左=を講師に迎え、学生らが袖の良さや色合いを生かしたゆかたの着付けを学びました。

 7月11日、難波先生は集まった学生たちに「祭りなどで、ゆかた姿の人をよく見ますが、着こなせている人はなかなかいません。皆さんにはゆかたをただ着るのではなく、きれいに着てもらいたいと思います」とあいさつしました。続いて、帯の締め方までの一連の手順を実践しながら分かりやすく説明しました=写真左=。

 私たちは「着崩れしないように」と、ついつい締めつけるだけの着付けをしがちです。難波先生の着付けは、正しくゆかたを理解して、身軽に和装を楽しめるもので、学生たちは熱心に見入っていました。

 学生たちが色の組み合わせを考えながらゆかたと帯を選んだ後、OGの皆さんのきめ細やかな指導が行われました。初めは緊張していた学生たちも「これからどうすればいいですか」「このやり方で合っていますか」と積極的に質問するようになっていました。難波先生はより美しい仕上がりになるよう学生ひとり一人を見て回りながら指導。着付けが終わると、学生たちは自慢そうに、お互いのゆかた姿を見せ合っていました。

 最後に正しい正座の仕方や和服の畳み方の説明を受け、学生たちは着付けに加えて礼儀作法も体得しました。

 講習会に参加した学生たちは「せっかくきれいに巻けた帯をほどいてしまうのがもったいない」「いつか自分で着れるようになりたい」と感想を話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE