NEWS

「More Challenge!」 元駐日英国大使のジョン・ボイドさんが特別講演し、学生を励ましました。

2008/09/19

 本学英語文化学科のボイド教授の実兄で、英国で「Sir」の称号を持ち、駐日英国大使やケンブリッジ大学チャーチルカレッジの学寮長を歴任したジョン・ボイド氏=写真左=が9月18日夕、メディアホールで「How should young women from Japan prepare for careers in a global society?(グローバル社会に生きるこれからの日本人女性に望むこと)」と題して特別講演。英語文化学科・英語コミュニケーション学科の学生ら約400人が熱心に参加し、座りきれない人も出ました=写真右=。

 ボイド氏は、通訳なしの英語だけで、ユーモアを交えながら女性のキャリアについて、「建築や科学などの男性が中心と思われる分野でも、女性は活躍しています」と話し、「大学生活を有意義に過ごし、もっといろいろな事にチャレンジし(more Challenge)、自分の意識を高めてください」と学生を励ましました。

 講演会に参加した英語文化学科3年の大窪真梨子さんは「大学で"more challenge"して、世界ではばたける女性になりたいという思いが強くなり、就職活動に対する意識も高くなりました。これから、いろんな事に関して、もっと勉強しないといけないと思いました」と感想を話しました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE