NEWS

現代俳句協会会長の宇多喜代子さんや作家の山下景子さんら本学卒業生の新刊本が次々と出版され、話題になっています。

2009/04/25

 本学短大・家政科を卒業した現代俳句協会会長の宇多喜代子さんが、大石悦子さん、茨木和生さんと共に著した「旬の菜時記」が朝日新聞出版から出版されました=写真左=。食に関する季語をキーワードにして、その季語が使われている俳句と料理、99作品が紹介されています。宇多さんらの俳句にちなんだエッセイも掲載されています。料理は宇多さんと同級生で、同家政科卒業の管理栄養士・水野保子さんが監修、和食から洋食まで季節感あふれる料理のレシピが記されています。

 宇多さんは1982年に現代俳句協会賞、2001年に句集『象』で蛇笏賞を受賞。女性初の現代俳句協会会長を務め、2002年には紫綬褒章を受章されました。

 また、ベストセラー「美人の日本語」の著者・山下景子さんの新刊「日本人の心を伝える思いやりの日本語」が青春出版社から出版されました=写真右=。「ご縁の日本語」「お詫びの日本語」「感謝の日本語」など5章で構成され、150以上もの思いやりの言葉が解説されています。山下さんは本学短大・国文科を卒業し、これまでに数多くの著書を出しています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE