NEWS

オープンカレッジが夏の特別講演を開催。オリンピックメダリストの朝原宣治さんが、子どもたちに走り方のポイントを伝授しました。

2017/08/22

 武庫川女子大学オープンカレッジが夏の特別講演「親子でかけっこ必勝法~ダイナミックな走りで運動会のヒーローに~」を中央キャンパスで開催し、小学校1年生から3年生までの41人の子どもたちとその保護者が参加しました=写真左=。
 
 この特別講演は21日から23日まで、3日間連続プログラムで、1日目の21日は、北京オリンピックメダリストの朝原宣治さんが来学。本学陸上部の上坂麻世コーチと現役の陸上部員と共に講師を務めました。朝原さんは、体力づくりの方法など「速く走るために大切なこと」を伝えるとともに、実践編として子どもたちに走り方を指導=写真中・右=。子どもたちは一生懸命、朝原さんの話に耳を傾け、楽しみながら学びました。この日は25mのタイムを2回計測。朝原さんの走りを実際に見て、速く走るためのポイントを教えてもらった後の計測で、すぐに結果が出た子どももいました。

 朝原さんは「速く走るためには日ごろの姿勢なども大事。いつも猫背で顎を出して歩いていると速く走れないよ。それから運動した後は、食事。肉も野菜もしっかり食べて、ゆっくり眠ること。とても大事なことです」と、アスリートへの初めの一歩について話しました。また最後に「みんな真面目に一生懸命 話を聞き、練習もしてくれましたね。真剣に走ってくれてうれしかった」と子どもたちに笑顔を向けました。

 オープンカレッジでは、後期講座(10月~)や秋の特別講演(11月)の開講を予定しています。
 詳しくは、武庫川女子大学オープンカレッジのホームページをご覧ください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE