NEWS

本学の学生たちが中心となって進める団地再生を目指す「またあしたプロジェクト」のクリスマスワークショップを行いました。

2017/12/21

 武庫川女子大学生活環境学科の学生たちが、住民にあまり使われなくなった芦屋市の芦屋浜高層団地の集会所を、高齢者や子育て世代、大学生ら若年層、子どもたちが多世代共助できる場として再生できるようにした集会所で12月17日、本学教育学科の佐野ゼミが企画した「クリスマスおはなし会&ミニツリー作りワークショップ」が開催されました。ワークショップでは、教育学科の3年生が絵本の読み聞かせを行い、参加した子どもたちは熱心に聞いていました=写真右=。その後、松ぼっくりを使ったかわいいクリスマスツリーづくりのワークショップを行いました。子どもたちは、それぞれかわいいデコレーションをして小さなクリスマスツリーを完成させてみんな満足そうでした=写真中=。

 今回のワークショップでは佐野友恵講師とゼミ生の池田由実さん、小川早紀子さん、金谷美穂さん、大桑千晴さん、尾崎彩佳さん、谷いきみさん、筒井真紀さん、出口百香さん、橋本真那さん、吉田彩花さん、生活環境学科鎌田誠史准教授とゼミ生の西川麻花さん、平田七海さん、渕山亜佐美さん、桝田紋加さんが参加しました。住民のみんながつながる良いワークショップができました。最後はみんな笑顔で記念撮影しました=写真左=。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE