NEWS

体操部の杉原愛子選手と大野和邦監督が、スポーツ庁のスポーツ功労者顕彰・表彰を受け、大河原学院長らに報告しました。

2021/03/05

体操部の杉原愛子さん(短大健康・スポーツ学科2年 休学中)と体操部監督の大野和邦さんが、スポーツ庁の令和元年度スポーツ功労者顕彰・表彰を受け、3月5日、大河原量学院長、瀬口和義学長、山﨑彰副学長に受賞を報告しました。

 

この表彰は、2019年度に開催された世界規模のスポーツ大会で優秀な成績を収めた選手、指導者、選手を長年支援した団体などを讃えるものです。杉原さんは2019年7月にイタリア・ナポリで行われた第30回ユニバーシアード競技大会で女子団体1位、個人総合4位等の成績を収めたことに対し、また、大野監督はその指導を評価されました。

 

コロナ禍の影響でオリンピックの開催が1年延期され、いまだ揺れ動いている状況を受け、大河原学院長が「強い精神力が必要ですね。自分との闘いですが、ぜひ目標達成できるよう頑張ってください」と励ますと、杉原さんは「私はポジティブなのですごく気楽にモチベーションを保っています」と笑顔で答えました。オリンピック日本代表選手は、4月に行われる全日本体操個人総合選手権、5月のNHK杯体操を経て、6月に全日本種目別で確定されます。

 

受賞について杉原さんは「たくさんの人に支えられ、みんなの力でいただいた賞なので、うれしい」、大野監督は「頑張って活躍してくれる選手と支援してくれる学院に感謝です」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE