NEWS

<日本語/English> 関西大学との大学間連携を強化。 新型コロナウイルスPCR検査の実施協力、非常変災時の入試会場の相互利用へ。

2021/08/31

 In cooperation with Kansai University in shared usage of facilities.

 

English below. 

 

  関西大学と武庫川女子大学は、新型コロナウイルスPCR検査の連携協力ならびに、非常変災時における入試会場の相互利用に関して覚書を締結しました。

 

 関西大学と武庫川女子大学は2018年11月、教育・研究や産学・地域連携、スポーツ交流など、幅広い分野での連携強化を目的にした包括連携協定を締結しました。今回の覚書はこの協定をベースに、新型コロナウイルス対策及び非常変災時の入試対策に関する連携協力事項を追加したものです。

 

【新型コロナウイルスPCR検査の連携協力について】

 武庫川女子大学は新型コロナウイルス感染拡大に対する学生や教職員の不安を解消し、新しい生活様式に沿った安心安全な教育環境を構築するため2020年11月、薬学部にPCRセンターを設置し、運用を行っています。今回の連携協力では、PCR検査の対象を関西大学の学生、教職員にも拡大します。唾液採取と試料送付等の業務を関西大学が行い、PCR検査を武庫川女子大が行うというものです。

 

【非常変災時の入試対策に関する連携協力について】

 非常変災時(地震や風水害等の自然災害や感染症拡大等の緊急事態)に、自らの施設で入学試験業務の遂行に支障が生じた場合、相手方の大学の施設を利用することにより、入学試験業務を確実に実施することが目的です。

 

【今回の覚書締結にあたっての両大学学長のコメント】

関西大学:前田裕学長

 それぞれの大学の特徴を活かした取り組みが期待できるのが大学間連携の狙いである。PCR検査の実施協力についても、まさに武庫川女子大学の強みを活かした試みで感謝している。非常変災時の入試会場の相互利用については、武庫川女子大学をはじめ他大学との体制をしっかり整え、受験生が安心して入試にチャレンジできるようにしたい。

武庫川女子大学:瀬口和義学長

 本学と関西大学の災害時等の入試会場の相互利用の覚書と、本学PCRセンターの関西大学の学生・教職員の利用に関する覚書の締結は、双方の受験生や学生が少しでも安心して受験や学外実習を進められるようにとの思いから実現した。今後も関西大学と本学は、それぞれの強みを生かして社会の要請や学生の要望に応えていきたい。

 

 

Kansai University and Mukogawa Women’s University has paired up and signed a memorandum of understanding for mutual use of venues both for PCR testing and in event of emergencies for entrance examinations facilities.  

 

In November 2018, a comprehensive cooperation agreement was signed between Mukogawa Women’s University and Kansai University aimed to strengthen cooperation in a wide range of fields. These included cooperation in education, academic research, regional partnership, exchange in the field of sports and such. Based on this agreement, the memorandum has been appended in order to strengthen matters regarding the shared usage of entrance exam venues and PCR testing center.   

 

【Regards to cooperation of Covid-19 PCR testing 】

Mukogawa Women’s University established and operated a PCR center in the Faculty of Pharmaceutical Sciences in November 2020 in order to eliminate the anxiety of students, faculties and staff regarding the spread of the Covid-19 virus and to build a safe and secure educational environment in line with the new lifestyle.

 

【Regards to cooperation on entrance exam measures in the event of emergency disaster】

In the event of an emergency disaster (natural disasters such as earthquakes, storms, floods and spread of infectious diseases), if there is a difficulty to the performance of entrance examination at one’s facility, it is possible to use ones of other university. The purpose is to ensure that the entrance examination is carried out.

 

【Comments from the chairmen of both universities in concluding this memorandum】

Kansai University: Yutaka Maeda

The objective of inter-university collaboration is to expect initiatives that enables full use of the facilities each university has to offer. I am also grateful for the cooperation in implementing the PCR testing unit. Regarding the mutual use of entrance examination venues in the event of an emergency disaster, we would like to establish a solid system in place with other universities, including Mukogawa Women’s University, so that examinees can take the examinations at ease.

 

Mukogawa Women’s University: Kazuyoshi Seguchi

We can both benefit from the memorandum of understanding for mutual use of entrance examination venues between our university and Kanai University in the event of a disaster and the use of the PCR center. It works for both universities and for the safety of the students. Kansai University and our university will continue to meet the needs of society and students by making the most of our respective strengths.

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE