NEWS

<日本語/English> 令和3年度ダイバーシティ推進センター女性研究者賞が決定し、本学から2名が受賞しました

2021/09/18

Receiving the Women’s Researcher Award from the Diversity Promotion Center.

English below.

令和3年度ダイバーシティ推進センター女性研究者賞の受賞者が決定し、本学から看護学部の師岡友紀准教授と薬学部の仁木洋子准教授が受賞しました。9月16日に、本学図書館グローバルスタジオで授賞式があり、女性活躍総合研究所 高橋享子所長より表彰状が授与されました。

 

2019年度に採択された文部科学省科学技術人材育成費補助金事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」における本取組は、連携校である奈良女子大学、奈良工業高等専門学校、武庫川女子大学において、特に優秀な研究業績を挙げ、今後の研究の進展が期待される女性研究者を表彰し、研究費を支援するとともに、女性研究者の研究力向上を図ることを目的に実施しています。



【令和3年度ダイバーシティ推進センター女性研究者賞 受賞者と研究課題】
看護学部     師岡 友紀 准教授
「脳死とされうる状態の患者とその家族の看護ケア評価指標の開発」
薬学部      仁木 洋子 准教授
「丹波地方に自生する樹木(ヒメクロモジ、ニオイコブシ)由来素材のアンチエイジング化粧品応用に関する研究」



受賞の感想と今後の抱負について、師岡准教授は「ひとつ、ひとつ、地味で小さな研究業績を少しずつ積み重ねてきたことで、今、この受賞に至っていると感じます。研究費のご支援を得て、これまで実績のない領域の研究に取り組む礎として最初の一歩を踏み出したいと考えています」、仁木准教授は「丹波地方に自生する樹木から得た素材について、シワやシミなどの皮膚老化を防ぐ「アンチエイジング化粧品への応用」に関する研究を行います。研究支援費は、実験に欠かせない皮膚細胞の維持や試薬に大切に使用させていただきます」と話しています。

 

 

Professors Yuki Morooka from Faculty of Nursing, and Yoko Niki from Faculty of Pharmacy were both awarded for their research in their respective fields. A celebratory ceremony was held at the university’s main campus library on September 16th and a certification of commendation was presented by director Keiko Takahashi of the Research Institute for the Advancement of Women.

 

The Human Resources Development Expense Subsidy Project by MEXT adopted “Diversity Research Environment Recognition Initiative” in 2019. Along with a collaborative school, Nara Women’s University, Mukogawa Women’s University has been in search of awarding female researchers who are expected to make progress in their research in the future for their excellent research achievements, with the purpose of improving the research capabilities of female researchers.

 

Professor Morooka noted for future aspirations “I believe that throughout the years, I have built on my research little by little and that’s why I am where I am at today. With the support of the research funds, I consider it a big step forward towards constructing a foundation for leading research in areas that have not been accomplished yet.  

 

Faculty of Pharmacy professor, Ms, Niki added “I plan on leading a research on producing anti-aging cosmetics that’ll prevent the aging of skin by using materials obtained from trees that grow naturally in the Tamba region. The research fund will be a huge help and it’ll allow me to continue my examination on skin cell maintenance and on the use of reagents.”

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE