NEWS

<日本語/English> 兵庫県洲本市と武庫川女子大学は、域学連携協定を締結しました。

2022/04/08

Signing of regional academic cooperation agreement between Sumoto city, Hyogo prefecture and Mukogawa Women’s University.

 

 兵庫県洲本市と武庫川女子大学は域学連携協定を結ぶことになり、4月8日、洲本市の「大野菜の花迷路」で上崎勝規市長と瀬口和義学長による締結式が行われました。

 

 協定は、洲本市と本学との地域人材育成及び地域活性化に係る相互協力に関するものです。

 洲本市とは、同市が推進する地域活性化のための「域学連携事業」に、本学経営学部が参加し実践活動を行ってきましたが、今後、協定を締結することより、様々な分野での一層の域学連携を促進しようというものです。

 

 域学連携とは、大学生と大学教員が地域に入って、そこで暮らす人々とともに地域に眠っている資源を掘り起こし、地域が抱えている課題を発見し、課題解決に向けて地域づくりに継続的に取り組むというものです。

 

 協定に基づき、今後取り組む地域連携事業については、2020年度新設した本学経営学部の第1期生の初めてのゼミナール活動として、洲本市大野地区において栽培される菜種油を活用したシャンプーバー(固形シャンプー)の商品開発を行います。学生たちの手で市場調査・試作品の評価等を経て、マーケティングを立案し、また、菜種の収穫・搾油・種まき等に学生が参加して大野地区の住民の方々と交流を行います。これらの活動を通じて地域の活性化を図るとともに大野地区、洲本市、淡路島の魅力を発信していきます。

 

 締結式では、本学経営学部の神栄美穂准教授が、本学と洲本市との域学連携協定締結の経緯とゼミでの取り組み内容を説明。締結に際し、上崎市長は「淡路島には武庫川女子大学の卒業生が1,300人もいらっしゃって様々な分野で活躍されている。この協定締結を機に、さらに地域活性化のためにお世話になりたい。」、瀬口学長は「10学部17学科の総合大学として、様々な分野で地元の方々の期待に応えたい。」と述べました。

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE