NEWS

救命機器・AEDを人目につきやすいよう、生活環境2号館2階の自動販売機に設置しました。

2008/05/29

 救命機器のAED(自動体外式除細動器)を搭載した飲料水の自動販売機を本学中央キャンパス・生活環境2号館2階の休憩コーナーに設置しました=写真=。緊急時にすぐに使えるよう、人目につきやすい自動販売機に設置しました。

 AEDは突然、心停止した人の心電図を解析し、必要に応じて電気ショックを与え、蘇生(除細動)させる装置です。最近、部活動中での突然死が取り上げられるなど心臓突然死はいつ起こるか分かりません。この突然死の死因のほとんどは「心室細動」という病気からくる心臓疾患です。「心室細動」になると、1分ごとに助かるチャンスが10%ずつ失われていくと言われています。早期に心臓を正常に戻す処置が必要です。

 最近は公共施設にAEDが設置されるようになりましたが、緊急時にAEDの設置場所が分からず、手当てが遅れたというケースも報告されています。そこで、本学はキリンビバレッジ株式会社からの提案を受けて、人が集まる場所に設置される飲料水の自動販売機にAEDを搭載しました。自動販売機には、「AED搭載」と赤字で大きく表示されており、緊急時にすぐに使えるようになっています。

 このほか、本学ではAEDは中央キャンパスの保健センターや本館1階受付、浜甲子園キャンパスの研究管理棟1階などに計9器が設置されています。今後も、AEDを増設していく予定です。

 学生、教職員の皆さん、いざという時に備えて、一度、設置場所を確認しておいてください!

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE