NEWS

大学院生がストーリーを考えたLavyの絵本が9月に発行されます。絵本プロットコンペの表彰式が行われました。

2008/07/22

 武庫川女子大学のキャラクター「Lavy」を主人公にした絵本のストーリーのアイデアを学生・生徒・園児・卒業生・教職員に募集した「絵本プロットコンペ」の表彰式が7月16日に行われました。

 表彰式では、最優秀賞の鄭婀美さん(大学院薬学研究科博士課程2年)、優秀賞の小角摩由璃さん(大学日本語日本文学科4年)と、高橋玲子さん(大学食物栄養学科4年)、そして、特別賞の宮本燈明さん(附属幼稚園)にそれぞれ表彰状と副賞が贈られました=写真左=。

 最優秀賞に選ばれた鄭さんの作品は「うさぎのラビーのいろきりばさみ」。ラビーが不思議なハサミで、四季折々の色を切り取っていくという幻想的なお話です。イラストを添えて実際に絵本として出版します。9月に発行、事業部やブックセンターなどで販売される予定です。

 表彰式の会場には、出版間近の絵本の原画が飾られ、参加者は1ページずつ鑑賞していました=写真中央=。

 鄭さんは、「このような大きな賞、高い評価をいただき感謝しています。自分の中にあったもの、想いを、このように形に出来てとても嬉しく思っています」と話していました。

 入賞作品の詳細は、こちらをご覧ください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE