NEWS

イギリス、オーストラリア、韓国の協定校からの5人の留学生を歓迎するパーティーが国際交流室で開催されました。

2008/09/18

 交換留学協定校のクィーンズランド工科大学(オーストラリア)から1人、セントラル・ランカシャー大学(イギリス)から2人、梨花女子大学(韓国)から2人の計5人の後期交換留学生を歓迎する「Welcome Party」が18日昼、国際交流室(日下記念マルチメディア館1階)で開催されました。

 パーティーには、前期から本学にいる交換留学生8人や在学生、糸魚川直祐学長をはじめ教職員ら計約70人が参加。後期交換留学生の5人が、一人ずつ自分の名前と「ヨロシク オネガイシマス」の言葉を添えて自己紹介をしました。

 パーティーの初めは、なかなか留学生と話ができなかった在学生も、だんだんと打ち解け、一緒に食事をしながらの楽しい交流の時間となりました=写真左=。

                       ◇

 留学生の5人は、糸魚川学長を16日午前に訪問しました。学長の質問に一人ひとりがしっかりとした口調で、英語と日本語を交えて答えていました。クィーンズランド工科大学からの留学生のハーディング・ハンナさん=写真右・左から2番目=は、日本に興味を持ったきっかけは「書道に関心があったからです。特に、墨を使って描く水墨画はとても美しいです」と話しました。

 セントラル・ランカシャー大学からの留学生のタモー・マリアさん=写真右・左端=は本学の印象ついて「来日して日も浅いですが、この大学の人たちはとてもフレンドリーで温かい人が多いです」と答えました。

 皆さんも、キャンパス内で留学生たちを見かけたら気軽に声をかけて、ぜひお友達になってください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE