NEWS

米、英、豪の3カ国から11人の学生を迎え、夏期短期留学生受入制度「Study in Japan 2009」の開講式が行われました。

2009/06/15

 本学協定校などから留学生を受け入れる第14回夏期短期留学生受入制度「Study in Japan 2009―Japanese Culture Studies at Mukogawa Women’s University」の開講式が6月15日、日下記念マルチメディア館106号室で行われました。今年の参加留学生は、アメリカから5人、イギリスから3人、オーストラリアから3人の計11人=写真中=。

 開講式には、留学生とそのホストファミリー、国際交流室のスタッフら約30人が出席。留学生代表のあいさつはアメリカのスポケーン・フォールズ・コミュニティーカレッジ(SFCC)のヘレンM.ラチャンスさんが務めました=写真右=。SFCCは本学アメリカ分校・MFWIの隣に位置し、本学留学生との交流も盛んです。ヘレンさんはスピーチの中で、大学で日本語の授業を受けた時には本学の学生と日本語での会話を楽しんだエピソードなどを紹介。最後に「私の名前(ラチャンス)は日本語で『幸運の光』という意味です。だから、私は今ここにいます。私は自分の名前の『幸運の光』を使って、みんなと一緒に頑張りたいと思います。輝きましょう」とあいさつしました。

 午後からは、中間佐知さん(大学英語文化学科3年)と真鍋明日莉さん(大学健康・スポーツ科学科3年)の案内でキャンパスツアーが実施され、公江記念講堂やアゼリア、図書館、クリステリア、ブックセンターなどを見学しました=写真左=。留学生らは、7月4日までの間、日本語や日本文化、日本事情の講義を受け、本学学生との交流会に参加したり、日本料理実習や日本舞踊などを体験したりします。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE