NEWS

子どもたちに思い切り体を動かしてほしい―。学生で組織する健康科学研究会の「キッズスポーツアカデミー」が今年もスタートしました。

2009/06/17

 学生で組織する「武庫川女子大学健康科学研究会」が子どもを“スポーツ好き”にするために立ち上げたプロジェクト「キッズスポーツアカデミー」の今年度最初のイベントが、6月15日午後、第3体育館で行われました。

 参加したのは本学附属幼稚園の年中組の園児29人と年長組の園児28人。日本サッカー協会の指導者と共に健康科学研究会の学生7人が園児を指導しました。

 子どもたちは、コーチと学生の指導でおにごっこで体育館を走り回り、ボールを投げたりドリブルしたりするボールフィーリングで、ボール遊びを楽しみました=写真左=。プログラムの最後には、チームに分かれてボールをけり、ゴールを狙うサッカーゲームにチャレンジし、何度もボールをシュートしていました。=写真右=

 健康科学研究会顧問の相澤徹・教授は「新型インフルエンザの影響で、今年度の教室が今日からのスタートとなりました。2回目以降もいろいろなプログラムを企画します。子どもたちとの触れ合いを通じて学生たちも指導者として成長してほしいですね」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE