NEWS

水晶のように透明なハーモニーに酔いしれました――。ハンガリーのプロムジカ合唱団を招き、70周年記念のジョイントコンサートを開催。

2009/07/08

 武庫川学院創立70周年およびハンガリー・日本の友好140周年を記念して、ハンガリー「プロムジカ女声合唱団」と本学院とのジョイントコンサートが7月8日に公江記念講堂で行われました。

 プロムジカ女声合唱団は、指揮者デーネシュ・サボー氏率いるニレジハーザ市の少女たちの合唱団です。1986年に結成し、数々のコンクールで賞を獲得。ヨーロッパの音楽界で「水晶のような透明なハーモニー、からだが震えるほどの演奏力」と評され、名声をとどろかせています。

 コンサートは、附属幼稚園児の合唱から始まりました。続いて、中高育友会コーラス「コーロ・レガーロ」、大学コーラス部、OGコーラス「真澄鏡」、附属中学校・高等学校コーラス部、がそれぞれ歌声を披露しました。

 プロムジカ女声合唱団のステージの1部はジェルジュ・オルバーンのミサ曲など宗教曲を中心に、2部はゾルターン・コダーイやベーラ・バルトークなどのハンガリーの曲を中心に演奏し、約1500人の来場者を魅了しました。
 全出演者による合同演奏では、日本唱歌「さくらさくら」=写真左=を歌い、ステージの最後には会場全員で「ふるさと」=写真中=を大合唱しました。

 また、演奏会前には、プロムジカ女声合唱団と本学附属中高コーラス部、大学コーラス部との交流会も行われ、学生、生徒は写真を見せ合ったり、色紙の交換をしたりと積極的に交流していました=写真右=。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE