NEWS

「健康科学連携教育フォーラム」で、健康・スポーツ科学科、食物栄養学科、健康生命薬科学科の1年生が“健康”について考えました。

2009/09/15

 「健康科学連携教育フォーラム」が9月15日、中央キャンパスの公江記念講堂で開かれ、文学部健康・スポーツ科学科、生活環境学部食物栄養学科、薬学部健康生命薬科学科の1年生、約430人が参加しました=写真=。

 本学では「健康」を共通のキーワードとする3つの学部・学科(文学部健康・スポーツ科学科、生活環境学部食物栄養学科、薬学部健康生命薬科学科)が連携して健康科学教育に取り組み、「3学部連携教育プログラム」を展開しています。フォーラムはそのプログラムの一環として実施されました。

 フォーラムでは、国立スポーツ科学センター研究員の中村真理子さん(1998年教育学科体育専攻卒)、学校栄養士として大阪市の公立小学校に勤務する小迫早紀さん(2006年食物栄養学科卒)、ベルシステム24で医薬品開発業務に携わる小野千春さん(2005年薬学部卒)の3人が「私の職業基盤としての健康科学」と題して、仕事の内容や大学時代に学んだことで役立っていることについて講演しました。

 最後に座長を務めた吉田雄三教授(薬学部)が「卒業生3人のいずれの方からも、大学で学んだことが基本になったというお話をいただきました。総合大学の良さを生かして、各自が所属する学科の専門領域だけでなく関連領域の勉強もしてください」とアドバイスしました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE