NEWS

社会福祉実習・精神保健福祉実習の報告会が行われ、心理・社会福祉学科の学生が実習を通じて学んだことを発表しました。

2009/11/24

 社会福祉実習・精神保健福祉実習の総括「2009年度実習報告会」が11月14日に開かれ、心理・社会福祉学科の社会福祉コースで学んでいる4年生が実習成果を発表しました。社会福祉を学ぶ2~4年生の学生約200人と実習先でお世話になった方々、学科長、社会福祉コースの教員が参加しました=写真左=。

 安藤明人・同学科長のあいさつに続いて、高齢者福祉分野・地域福祉分野・児童福祉分野・障害者福祉分野・精神保健福祉分野の各代表が、実習を振り返った発表を行いました。

 学生たちは「教科書では学べなかった“住民主体”の本当の意味を学ぶことができた」「利用者の心情の変化を身近に感じ取れることは貴重な体験だった」「福祉職の厳しさや仕事のやりがいなどを現場で学ぶことができた」と話していました=写真右=。

 最後に、実習先の方々から4年生には就職に向けて、2・3年生にはこれからの実習に向けて、「出会いを大切にしてほしい」「テーマを持って、実習に取り組んでほしい」というメッセージをいただきました。この日には、実習報告書第7号が発行され、参加者に配布されました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE