NEWS

北島康介選手を育てた名コーチ・平井伯昌氏を招き、学院創立70周年記念シンポジウム「トップアスリートを養成するコーチングメソッド」が開催されました。

2010/01/18

 シンポジウム「トップアスリートを養成するコーチングメソッド~大学による支援事業からみえたもの~」が1月18日午後、中央キャンパスのメディアホールで開催されました。本学院創立70周年を記念した最終のイベントで、健康・スポーツ科学科が主催しました。北京オリンピックで水泳日本代表のコーチを務めた平井伯昌氏=写真中=による講演や、全国大会レベルで活躍している本学運動部の指導者によるパネルディスカッションが行われ、会場は学生や一般の方などで満席になり、約400人が熱心に聞き入りました=写真右=。 

 第1部は平井氏が「世界で勝つコーチング」と題して特別講演しました。北京オリンピック金メダリスト・北島康介選手を育成したことで知られる平井氏は、北島選手とのエピソードを交えながら1時間にわたって講演。はじめに平井氏は、否定語を使わない、長所を伸ばし短所には最初は目をつぶるなどコーチとしての指導方針や、試合で選手を緊張させないコツを紹介しました。続いて、「精神力の強化を中心においたトレーニングを行っています。具体的にはハードトレーニングを課し、それを乗り越えることで精神面を鍛えます」「逆算式の思考法を取り入れています。例えば、オリンピックで金メダルを取るなどという一番の目標をまず定めます。次にそれを達成するにはどうすればいいかを考えます。これが逆算式の思考法です」「各分野の専門家とチームを組み、科学的なサポートをすることが大切です」と話しました。

 第2部では本学から「強化指定クラブ」として指定されているハンドボール部(樫塚正一監督、山城梨沙コーチ)、バスケットボール部(野老稔監督、川上あゆみコーチ)、新体操部(伊達萬里子監督、永戸久美コーチ)、水泳部(田嶋恭江監督、北田紀子コーチ)、体操部(三井正也監督)の指導者9人が登壇し、「武庫川コーチングメソッドを創る」と題して学生リーダーの育成方法や競技力の質を高める方法について語り合いました=写真左=。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE